ホーム » ブログ » ハイキング | 日常のできごと » Manfrotto 一脚兼トレッキングポール

アットロードサイド&東京の街ブログ

Manfrotto 一脚兼トレッキングポール

2017/11/14

Manfrotto Off Roadウォーキングスティックを入手しました。

Manfrotto Off Roadウォーキングスティック_1

この製品は、イタリアのカメラ三脚メーカーのマンフロットが、同国登山用品メーカーのFIZAN社とコラボして作った一脚を兼ねたトレッキングポールです。
私的には、消耗品で高価なグッズには興味ないのですが、たまたまマンフロットのショッピングサイトを見たら、半額以下のセールを行っているではありませんか!
即ポチりました。
モデルチェンジでもするのかな?
今までアマゾンで販売されている中華製トレッキングポールを愛用していましたが、初のブランドもの所有です(´д`ι)

Manfrotto Off Roadウォーキングスティック_2

たまに重たい三脚を持って山に入ると、下山時の疲れがハンパなく、二度と持っていかない・・と繰り返し思うことも。

このManfrotto Off Roadウォーキングスティックは、アルミ製と最伸長132.5cmにもかかわらず、重量がわずか400gです。今使っている中華製より50gも軽い!
ポール部分は、折りたたみ式やフリックロック式でもなく、ネジって固定するタイプなので、このような軽量化が実現できているのでしょう。
動きもたいへん滑らかで使いやすい。まるでNTN!

カメラマウントには、簡単なネジ式がシンプルでベストな設計です。ここに色気を出してクイックリリースなんて採用されたら製品コンセプトが破綻しますからね。
最初はネジが回し難いと感じましたが、何度か着脱して慣れるとスムーズに操作できます。

Manfrotto Off Roadウォーキングスティック_3

早速、山歩きで一脚スローシャッターを活かせそうな渓谷に行ってきました。

↓こちらの写真は従来通り、周辺の固定物(木や岩)にカメラを押し付けて撮った0.3秒の写真。
一枚撮るのに一苦労。いつも固定できる物体があるとは限りません・・

Manfrotto Off Roadウォーキングスティック持参で渓谷撮影!

↓この写真は、通常の手持ち1/60秒。息切れ加減にもよるけど、手持ちだと1/30秒までかな。どちらにせよ、水が綺麗な絵になりません。

手持ち1/60秒で撮った写真例

↓Off Roadウォーキングスティック1脚利用の0.3秒。
一脚で撮ると手際がよいです。

Manfrotto Off Roadウォーキングスティック1脚で0.3秒の撮影写真

↓Off Roadウォーキングスティック1脚利用の0.5秒。
0.5秒を超えると、ハイキング中はハァハァしているから難しいかも。

Manfrotto Off Roadウォーキングスティック1脚で0.5秒の撮影写真

数秒で撮影して歩き始められるから、通路の狭い登山道で前後から人が迫ってくる場合は大変便利ですね。

Entry

Cotegory

Monthly Archive

» ブログ:アーカイブ

ページトップ