ホーム » ブログ

アットロードサイドblog最新エントリーのフィード

不忍池の蓮が開花!6月

2019/06/28

本日6月28日は、早朝散歩に上野公園に!
最近、蓮が生長してきてようやく咲き始めました。
まだ全体の1%にも満たないでしょうけど、緑一面の池にポツリポツリ開いた赤い花びらは目立ちますね。

2019年6月28日上野公園不忍池の蓮

2019年6月28日上野公園不忍池の蓮が開花

今日はスマホで撮ってきたので、次回からはデジカメ持参ですナ!!

続きを読む: 不忍池の蓮が開花!6月 »

旧型MIS2048 サースフェー30+5が最高だった件

2019/05/03

テント泊登山に使っている大型ザックのコンプレッションストラップ(バックル)が破損してしまい、新調しようか修理しようか迷っているうちに、日帰り用のサースフェー30+5の生地の傷みが目立ち始め、こちらの新調の方が優先順位高いな・・なんて思いつつ。

サースフェーは、フランス、ミレー(MILLET)社の登山ザック。
30+5の数値は容量ですね。荷物が30L分入り、最大35Lまで拡張OK!日帰り山行にはちょうどよいサイズです。

ミレーのザックは、昨今のウルトラライト信仰で各社ペラペラの軽量ザック全盛にもかかわらず、分厚い生地でその質感を重視した製品コンセプトは、独自路線の魅力的な老舗メーカーといった印象があります。

そこで、最新の2019年モデルのサースフェー30+5を物色してみると、あれっ?

なんだろう?ペラペラの軽量ザックに変ってしまったのでしょうか?

イージーアクセスポケット?

レインカバーのサイドジッパーポケット収納は廃止?

私が購入したMIS2048型のサースフェーと比較すると、第一印象はがっかりです。
これらの改良(改悪?)は、アマゾンのレビューや巷のブロガーのクチコミが反映されてしまったのでしょうか。または、販売現場からセールスポイントがなく売りづらい等の声があがっていたとか?

利用者のほとんどは旧型MIS2048の機能の方を支持するかと思いますけどね。。

今では入手できない旧型MIS2048のすばらしいポイントを以下レビューしてみたいと思います。

★旧型MIS2048のサースフェー30+5はこちら↓

旧型サースフェー30+5 (MIS2048)


続きを読む: 旧型MIS2048 サースフェー30+5が最高だった件 »

ミニベロ Raleigh RSSレビュー!!

2019/03/10

自転車を断った生活から今年でちょうど10年が経ったので、そろそろ自転車解禁です。

毎週上野・御徒町界隈から神保町のほうまで散歩がてら自転車屋さんに立ち寄り、いろいろ物色していた中、1台のミニベロに目が留まりました。
かっこよいフレームにまとってホイールがピカピカに主張、その佇まいが今まで見ていたミニベロとは一線を画す印象を受けたのです。(←好みの問題)
躍動感のある水平のホリゾンタルトップチューブフレームにビアンキのようなクラシカルアートな図柄が融合してスポーティかつオシャレ、コレだ!!と思ったわけですね。

そのミニベロは、Raleigh (ラレー) RSS RSW Sport 2019年モデル。
色:ミスルトーカーキ
サイズ: 520mm

Raleigh (ラレー) RSS RSW Sport 2019年モデル1
(↑写真は、3月10日の南千住汐入公園。桜が開花しています。)


Raleighは、イギリスの名門自転車メーカー。
日本で販売されているRaleighブランドの自転車は、関西の上場企業、新家工業(株)が企画して台湾で製造しています。バーバリーの服を三陽商会が作っている(作っていた)のと同じようなスタイルですね。

小径自転車は、ダホンやビアンキなどの有名メーカーが圧倒的に店頭で展示されていて、Raleighの自転車はほとんど見かけないからあまり売れていないのでしょうか。

Raleigh (ラレー) RSS RSW Sport 2019年モデル2

続きを読む: ミニベロ Raleigh RSSレビュー!! »

紅葉の旧古河庭園に散歩!

2018/12/09

今日は完成100年を迎える北区の旧古河庭園までお散歩に!
紅葉も終盤に近づいているようですが、場所によってはまだ青葉も残る見応え十分な状態でした。

2018年12月9日 紅葉の旧古河庭園

本日は急に冷え込み、客足も少ないようです。お隣の六義園は混雑してそうですが・・・。
入園料は、大人150円!

続きを読む: 紅葉の旧古河庭園に散歩! »

高尾の小仏城山でおでんを食べる

2018/11/03

紅葉が始まった高尾山を歩いてきました。
ほんとは紅葉狩りに遠出したかったけど、野暮用が重なり、近場の高尾エリアに!

★コース
日影(駐車地)→木下沢梅林→景信山→城山→高尾山→いろはの森→日影(駐車地)

いつも歩いてるコースで、ちょうどよい運動になります。
以前の「木下沢梅林・高尾山周遊」と同コース。

今回は、景信山から綺麗な展望が得られたので、その写真紹介と、城山の売店の「おでん」について、レビューしてみました。

朝7時の日影沢の駐車場。ガラガラ!

2018年11月3日(土)午前7:00 日影沢の駐車場

続きを読む: 高尾の小仏城山でおでんを食べる »

Entry

Cotegory

Monthly Archive

» ブログ:アーカイブ

ページトップ