ホーム » ブログ » その他

カテゴリー:その他

lenovo ideapadノートPCが超遅くなった時の対策!!

2019/10/30

数年前にレノボのノートPC「ideapad 510」を使い始め、Windowsのアップデートが行われる度に動作がみるみる遅くなってきました。
HDの容量を1割も使っていないのにタスクマネージャーには頻繁に"ディスク使用率100%"が表示されます。
昔はのIBMと違ってやはり中華製のlenovoだから、しかたがないか・・とあきらめるのは短慮です。

このような症状をググッてみると、更新プログラムの適用や常駐プログラムの停止、HDのエラーチェック、SysMainを無効にするとか、Windows95時代でもないのにユーザーがこのような操作をしないとPCの調子が維持されないなんてことはありませんからね。

原因は、単にメモリが不足してきているので、増設すれば購入した時と同じスピードに復活します。
"ディスク使用率100%"と表示されるのは、メモリ容量が小さくて処理できないデータをHDと連携するからこのようなフリーズ状態みたいな症状が生じてしまいます。

私の所有しているideapad510は、標準で4GBのメモリが標準搭載され、8GBを増設できる空スロットが1つ設けられています。
標準4GB+増設8GBで最大12GBに拡張可!

メモリの仕様は、ノートPC用の「DDR4-2133」。
安心のTranscend PC4-17000(DDR4-2133) 8GB TS1GSH64V1Hを購入しました。

早速、メモリ交換!!

電源OFF、電源コードも抜いてPCの裏面から。
バッテリーはシンクパッドのように簡単に外せる構造ではなかったので、このままの状態で作業↓

lenovo ideapadノートPC メモリ交換手順1

続きを読む: lenovo ideapadノートPCが超遅くなった時の対策!! »

lenovoモニターの輝度調整

2014/01/18

Windows7のlenovoデスクトップPC(Think Centre)を購入しました。
ノートPCのThinkPadは過去に何台も買い換えてきましたが、デスクトップは今回初めてです。

初期の状態ではモニターが眩し過ぎて輝度を落とさないと目が疲れます。
モニターの正面に輝度やコントラスト等を調整できるボタンがついているのだけど、このボタンで操作してもPCを再起動すると、元の眩しい状態に戻ってしまうのです。
毎回PCを立ち上げるたびに明るさ調整なんてありえないですね。

lenovoのカスタマーセンターに電話しても全くつながらないし・・

試行錯誤しているうちに、ネットに情報が出でいました。

↓こちらの「省電力マネージャー」から新規の設定を追加すれば解決です!

輝度調整画面

「コントロールパネル」から「電源オプション」を選択して、左メニューの「省電力マネージャー」を立ち上げます。
「省電力マネージャー」には、初期の"Think Centre Default"の設定になっています。
この設定によって、モニターの輝度が50に固定されていたのです。

ここでは、新規ボタンで新しい設定を作成します。
「カスタム」という名称で、ディスプレーの明るさを35に落とした設定を、「完了」→「保存」。

明るさの数値は、後からでもスライダーを左右させれば簡単に変更できます。

これだけのことでした。知らないと無駄な時間を費やしてしまいますね・・

続きを読む: lenovoモニターの輝度調整 »

中国式駐車方法

2012/11/07

YAHOOの映像トピックスに掲載されていた中国の駐車事情の動画がたまたま目に入り、思わず笑ってしまいました(´エ`;)

中国の駐車方法

先に駐車スペースに停めようとしているプジョーと後からその駐車スペースを横取りするスズキ車。
しかしすべて横取するのは申し訳ないと感じてか、プジョーも停められるだけのスペースを空けるスズキ車。
最後は、2台ぴったりと駐車して、ドアが開かない始末かと思ったら、プジョーは電動ハードトップを開けて運転手は車外に。。
その後スズキがどのような行動をとったかとても気になりますね。

続きを読む: 中国式駐車方法 »

Entry

Cotegory

Monthly Archive

» ブログ:アーカイブ

ページトップ