ホーム » ブログ » 日常のできごと » お正月用マグロの買出し

アットロードサイドblog

お正月用マグロの買出し

2013/12/28

昨年末に築地へ買出しに行ったかと思えば、もう一年が経ちました。
今年は、築地の買物は止め、神奈川県三浦半島の三崎朝市に行ってきました。
三崎朝市は、日曜日の朝だけ営業している出店ですが、年末は5時から16時の時間帯で数日間営業しています。

なぜ東京からガス代、高速代を使ってわざわざ三崎まで買出しに行くのか?
それは、年々築地の質が落ちているのと、買いたい商品が無いからです。

築地で年末に販売されている主なマグロは、本マグロの中トロです。
本マグロの中トロは2~3切れ食べると、脂が強いので、すぐに飽きてしまいます。
旨みのインパクトは強いけど、私は好んで食べたいとは思わないのです。
なので、いつもマグロは赤身が中心です。

昨年、本マグロの赤身は手に入りませんでしたね。
既に業務用で出荷されて、年末に個人向けに小売する在庫はありませんでした。
それで、本マグロ中トロとインドマグロ中トロを購入してお正月を迎えたわけですが・・

まず、昨年築地の仲卸から購入したマグロのレビューを少し書きたいと思います。。

--レビュー--
昨年の写真でも分かる通り、筋や血栓が出でいますが、解凍すると、おもいっきり硬い強烈な筋でした。
過去何十回も築地で買物をしてこの品質は初めてでしたね。
きわめつけは、「さっぱりしておいしい!」と勧められて購入したインドマグロの中トロ!
このマグロ、口に入れてみると、養殖で、2度解凍したっぽい代物でした。
まさにミナミの養殖特有の臭いとコテコテ脂の固まりで、全く食べられませんでした。
本来、業者取引がメインの場内市場で、一見客相手の商売と考えれば業者に期待する方が浅はかだったのかもしれません。
ただ、個人客がアメ横に行かずに築地で買うことの意義は、安心や信頼を買う要素が大きいと思いますが。。-ェ-。
場外市場では、このような経験をしたことは一度もありませんでしたが・・
--------

こんな経緯もあって、気分的に今年は三崎朝市へ!

首都高湾岸線 横浜方面

首都高速湾岸線から横横道の衣笠ICへ。
行きだけ三浦縦貫道路を使いました。。
家から1時間30分位で到着。

横浜レインボーブリッジ

現地付近の道路はさすがに混雑していましたが、駐車場のキャパも大きく、スムーズに移動できました。

早速、三崎朝市の会場で、各店舗の商品を物色・・
三崎はメバチマグロの産地なので、やはり販売されているマグロはバチが中心です。
本マグロと比べると、安価な魚種になるけど、それにしても安く販売されています。

三崎では、3件のお店から購入しました。

●1件目は、朝市会場でバチの中トロサク&赤身サク、頭身。@800~1,400円
1サクずつ真空パックになっていて、きれいな断面でした!
楽天通販だと、2~3倍の値段ですね。

●2件目は、同じく朝市会場で、尻尾の部分2個入り1,000円。
皮は綺麗にはいだ状態で販売されていました。

●3件目は、朝市の会場を離れ、うらりで、赤身と大バチの頭身。
3サク入り赤身が1,500円。安い!!
"大バチ"の頭身ってどなん味なんだろう?


お刺身用のサク以外に、スーパーでは手に入らないものが色々販売されているから、買物が楽しいですね。

今回購入したマグロ↓

各種メバチマグロ

帰宅後、赤身1サクだけ解凍して食べてみました!

ものすごく美味しい!!!

少量のお醤油をつけて、ほのかな酸味とさっぱりしつつも深い味わいが堪能できましたd(*^v^*)b
往復180kmの買出しもこれで納得です。。

Entry

Cotegory

Monthly Archive

» ブログ:アーカイブ

ページトップ