ホーム » ブログ » ドライブ » 音楽CDをSDカードへ

アットロードサイドblog

音楽CDをSDカードへ

2012/07/21

いつもドライブに行くとき、その都度音楽CDを何枚かクルマに持込んでいたのですが、音源を入れたSDカードをカーナビに挿しておけば、CDは必要ないことに気づきました。
外部音源のiPodなどを繋げられることは知っていましたが、これらの機器は持ち合わせていないので、昔ながらのCDを1枚ずつ挿入しながら音楽を聴いていました。

もっと調べておけばよかった・・おかげでカーナビのモニタのサイズを犠牲にしてCDが全面から挿入できる機種をあえて選んでしまって、あとの祭りだ!!

SDカードで音楽を聴けるまでの準備は極めて簡単でした。

まず、カーナビ(カーステレオ)に対応したSDカードを確認。
ライダーのカーナビは最大32GのSDHCが対応していたので、ネットで1300円程度で購入。

32G SDHC

次にSDカードリーダー/ライターを用意。
これはパソコンからSDカードに音源を書き込む際につかうもの。
USB接続のバッファロー製BSCR12U2を購入。アマゾンで送料込みで480円!

SDカードリーダー

CDからSDカードにコピーの方法は!

(1)
パソコンに楽曲CDを入れるとWindows Media playerを選択できる小窓が立ち上がるので「CDから音楽を取り込む」をクリック。


楽曲CDをパソコンのプレーヤーに入れて、即Windows Media playerで取り込み操作を行うと、曲名タイトル等の情報がファイルに書き込まれず、音源しか保存されない現象が起こるので、予めパソコン画面にWindows Media playerを立ち上げておいてから楽曲CDをプレーヤーに入れて、「取り込み」ボタンをクリックすれば問題なく取り込みができます。

Windows Media playerの「取り込み」ボタンを右クリック又は「取り込みの設定」ボタンをクリックすると「形式」や「ビットレート」が選択できるので、これもカーナビ(カーステレオ)の仕様に合わせて選択。
WAV形式は、CDの音質を劣化させない最高音質のようですがファイルサイズが大きくなりますね。大きいといっても1時間位のアルバム1枚で、500~700MB程度なので、32GBのSDカードだとアルバムが45枚位保存できる計算です。
mp3形式の場合は320Kbpsが最高音質です。こちらは圧縮データになるので、320Kbpsでもファイルサイズは超軽いです。WAV形式の五分の1位軽くなる感じでしょうか。

楽曲の「取り込み」が終了するとパソコンのマイミュージックフォルダにしっかり保存されていました。

(2)
パソコンに保存された楽曲ファイルをSDカードリーダー/ライターを使ってSDカードにコピペ保存。
これで音源SDカードの完成!

(3)
早速カーナビにSDカードを挿し込み、音楽再生!

CDの出し入れ操作が無くなり、なんて楽なんでしょう!!

Entry

Cotegory

Monthly Archive

» ブログ:アーカイブ

ページトップ