ホーム » ドライブレポート » 首都圏 » 御岳山レンゲショウマまつり

御岳山レンゲショウマまつり

レンゲショウマは、絶滅危惧種に指定された日本特産の花。日本一の群生地が御岳山(東京都青梅市)の富士峰園地といわれています。
この開花時期には、レンゲショウマまつりが開催。日曜日の早朝、ハイキングに行ってきました!

御岳山レンゲショウマまつり

クルマは、ケーブルカー滝本駅の有料駐車場に停めるのが一般的だけど、林道御岳線の終点路肩スペースを利用。

★林道御岳線の終点路肩駐車スペース


※林道御岳線は、一部ダートにつき走行注意です!

クルマを停めて、林道を少し歩くと登山口。

林道御岳線の登山口長尾平の分岐に向かう登山道(登り)

最近運動不足で、久々の山歩きはしんどい。

長尾平の売店前レンゲショウマまつりの展示物(写真)

御岳神社に向けてもレンゲショウマ群生地の季節看板が置いてあるから、ちょっと迷いそう。
ケーブルカー御岳山駅から西側50M位の場所にある展望食堂や産安社の北側斜面が観賞メインスポットであるレンゲショウマの群生地(富士峰園地)なので、とりあえず道標に従って御岳山駅に向かうのが確実。

★富士峰園地のレンゲショウマ群生地ピンポイント地点


ケーブルカー御岳山駅に近づいてくると、大勢の人の声とカメラマンの姿が。
レンゲショウマ群生地入口は富士峰園地を囲むようにあちこちにあります。

レンゲショウマ群生地入口の看板冨士峰園地入口

おっ!たくさん咲いている!
「レンゲショウマまつり」といっても、提灯や屋台などはありません。

レンゲショウマがあたり一面にいっぱい!

レンゲショウマ一輪

団体ツアーのガイドさんが、「レンゲショウマは木の幹を背景に撮ると雰囲気が出ますよ!」と解説していたのを盗み聞きして、カシャッ!構図盗作(´д`ι)↓

見上げるレンゲショウマ!

それより、風でゆらゆらしているレンゲショウマをスマホでブレないで撮影するにはどうしたらよいのか?ツアーの参加者がヒソヒソお話ししていましたね(´д`ι)

ライダーは、木漏れ日に照らされてピカッと光る花びらが好みですナ↓

レンゲショウマと木漏れ日

レンゲショウマ

こちらは、バイオハザードでレンゲショウマが感染してしまったのかと思いきや、ヤマジノホトトギスという花↓

ヤマジノホトトギス

オニアザミ

オニアザミ

さて、たっぷり満喫したので大岳山にでも行こうかと・・・富士峰園地を後にします。

天狗の腰掛け杉分岐地点の東屋

なんだか膝が痛いな・・・完全に運動不足の症状だ(´д`ι)
ここは、大岳山は断念して芥場峠の分岐を左に折れて、上高岩山の展望台に変更!

芥場峠の分岐上高岩山

芥場峠から平坦な通路を15分程度歩くと上高岩山の展望台に到着。
ここでお昼ごはん。

上高岩山の展望台展望台から大岳山を望む

この展望台は大岳山人気の影に隠れ、いつも静まりかえった落ち着く場所。

展望台から御岳山、日の出山の眺望

長居して、無事下山しました。

(2017.8.27)


【御岳山ハイキングオススメの休憩&昼食スポット3選!】

御岳山周辺でのランチスポットは、いくつかあるけど、オススメの3箇所を紹介!

①御岳山から一番近い長尾平

長尾茶屋やトイレも整備された日の出山を望む広々空間。いつも大勢で賑わっており、テーブルやイスに限りがあるので、ピクニックシートを持参すればのんびり。
↓写真は長尾平の最先端。この手前にもたくさんの休憩スペースあり!

長尾平

②大岳山山頂

ハイキングで訪れる都内で人気上位の山。
御岳山から片道2時間位かかるので、山歩き装備が必要。山頂手前の大岳山荘跡に公衆トイレあり。
山頂は狭そうに見えるけど、休憩スペースは豊富!

大岳山山頂

③上高岩山の展望台

今回訪れた雰囲気のよい上高岩山の展望台。
東屋内の椅子で、食事もしやすい!


オススメしない昼食スポットも紹介(´д`ι)

●ロックガーデン内の休憩所(トイレあり)

観光ガイドに必ず紹介されている定番ランチスポット。実態は、谷間に位置していてトイレの悪臭が充満。風が無いときはとても臭いのです。
グループで行動していたりすると、いざ現地に到着してから、臭いから他の場所に移動しようとはなかなか言い難いケースもありますよね。
この辺りでランチを計画するなら、少し離れた沢沿いの平坦なスペース等を検討したほうが無難。

ロックガーデンの休憩所

首都圏のエントリー一覧

首都圏ドライブレポートマップ首都圏エリアの天気予報

ドライブレポートのカテゴリー

ページトップ